メインイメージ画像

医療の歯科の主な仕事は虫歯や歯周病治療と予防治療のアドバイスです

人間に様々な機能があるように、医療にはたくさんの種類がありますが、その1つは歯科です。歯についての医療分野なのですが、そこでしている主なことが3つあります。

まず1つ目は、歯の治療全般です。人によっては、歯に不具合が生じてしまっている事もあります。いわゆる歯周病などがその1つに該当するのですが、それは随分な痛みを伴うのです。それを放置していると、傷口が化膿してしまって、体のいたる所に対する不具合が発生する事もあります。

最悪の状態だと歯が1本抜けてしまう事もあるのです。そういう歯の不具合に対する治療が行われる訳ですが、大抵の歯科医院では麻酔を使います。そのまま治療を行うと結構な痛みを併発する事が殆どなので、それを抑制するために麻酔を入れる訳ですが、その効果の大きさなどは様々です。そういった効果が大きい病院もあれば、そうでない病院などもあるからです。そして、歯の治療が完了するまでの期間も、歯科によってそれぞれ異なります。それが、数ヶ月前後で完了する歯科医院もあれば、数年間かけてようやく治療が完了する病院など様々です。



2つ目ですが、歯並びなどに関係する矯正です。人々の中には、あまり歯並びが良くない方も見られます。それでは見栄えに対して問題があるので、いわゆる歯並び調整を行っている歯科医院も幾つかあります。いわゆる矯正歯科という言い方が用いられる事が多いです。ちなみにそこの調整でも、前述のような麻酔が用いられる事があります。



そして3番目は、様々な指導や相談です。人によっては、歯に対する不具合を事前に防止したいと考えている方もおられます。歯に対する不具合が発生してから治療を受けるよりも、異常が出ていな方がかえって望ましいと思っている人も多く見受けられます。つまり、予防のためのアドバイスを求めている人もいらっしゃる訳ですけれど、歯科医院ではそれに関した相談も受け付けています。それ故、一部の歯科医院では、正しいブラッシングの指導を行っている事も多いです。

更新情報